つむじが薄いと悩む女性へ!!その原因と対策法とは

薄毛と言えば男性の悩みのようですが、最近では薄毛に悩む女性が増えてきています。特につむじ付近と言うのは自分で見る事が出来ないので、女性が一番気を付けなければならない場所です。

このページではつむじが薄くなる原因と対策法を説明するので、つむじ部分の薄毛に悩んでいる方は是非参考にしてください。

つむじが薄くなっている事はなかなか気づかない

つむじは頭頂部や後頭部にあるため、普段から意識しなければ中々目につきません。

なので、薄毛が進行していても全く気付かずに、たまたま見た時に気づいたり、また家族や友人から指摘されて初めて気づくケースもよくあります。

そして、自分の薄いつむじ周りを見て、初めて薄毛が進行していることを自覚します。

1度つむじ付近が薄くなっている事を自覚すると、何をする時にもその事が頭から離れなくなり、常に頭頂部を気にするようになります。

今までは楽しかった髪の毛のセットでもセット後につむじ部分の地肌が見えないように隠したり、ふとした時につむじが気になって手に持っているスマートフォンで頭頂部を映して愕然とした事があるのではないでしょうか?

また、ほとんどの男性は女性よりも背が高いので、気になる男性が見下ろした時にはつむじハゲがばれないかと冷や汗をかいたりするかもしれません。

とにかくつむじ部分というのは自分ではなかなか見えないため、非常にやっかいです。

もともとの髪の毛の量は関係ない

もともと髪の毛の量が多かったのに、気づいたらつむじハゲになっていたと言う人も少なくはありません。

つむじ部分が薄くなる事ともともとの髪の毛の量は全く関係ありません。逆にそのように油断している人の方が薄毛の進行が進んだ状態で初めて気づくので危険です。

女性の薄毛の場合は男性とは異なり、特定の部分が極端に薄くなるわけでは無く、頭皮全体が薄くなります。ただ、もともと毛髪量が多い女性は少し薄くなったくらいではあまり変化を感じません。

しかし、つむじ部分と言うのはもとからある程度地肌が見えています。なので、周りと同じように薄くなっていくと、つむじ部分だけが極端に薄くなったように感じます。

なので、毛髪量が多いからと言って安心せず、定期的につむじ部分を見るように習慣づけましょう。

つむじ周りが薄くなる原因は

では、髪の毛が薄くなる原因について説明します。

女性の薄毛の原因としては、

  • 生活習慣の乱れ
  • 分泌される女性ホルモンの低下
  • 過度なストレス
  • 過度なダイエット

などがあります。

まず、生活習慣の乱れについてですが、栄養のバランスが偏ると髪の毛に必要な栄養が送られなくなったり、睡眠時間が少ないと髪の毛の成長に必要な成長ホルモンが正しく分泌されなくなります。

そして、女性ホルモンについてですが、これは女性の美しい髪の毛を作り出す素であり、この女性ホルモンがあるからこそ女性は男性よりも薄毛になりにくいのです。なので、正しく分泌されなかったり、分泌量が低下すると髪の毛が細く痩せてしまいます。

また、過度なストレスを慢性的に受ける事で、常に血管が収縮し血行が悪くなります。すると、髪の毛に必要な栄養が行き届かなくなるので、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えてきます。

最後の過度なダイエットを続けていると、脳が生命活動の危機であると判断し、脳や心臓などの重要な臓器のみに栄養を送るようになります。そして、優先度の低い髪の毛への栄養供給が極端に減り、髪の毛が成長できなくなります。

女性が薄毛になる原因は他にもありますが、ほとんどがこの4つなのでしっかりとおさておきましょう。

女性の薄毛は広範囲に渡る

上記に挙げた原因で頭皮に送られる栄養や女性ホルモンの分泌量が極端に減ると、頭皮内に存在する毛乳頭の活動が著しく低下します。

髪の毛と言うのは毛母細胞の細胞分裂によって作られますが、毛乳頭はこの毛母細胞に対して細胞分裂を命令したり栄養を供給する役割を持っています。なので、毛乳頭の活動が低下すると、細胞分裂ができなくなり、髪の毛の成長が鈍化します。

つまり、頭皮内の代謝が落ちる事によって女性は薄毛になるという事です。

そして、頭皮内の代謝が落ちると少しずつ長い時間をかけて髪の毛が薄くなっていきます。これは頭皮全体に起こっている事なので、髪の毛全体が薄くなります。

なので、現状つむじ部分だけが薄くなっていますが、薄毛が進行する事でその範囲が徐々に広がり、次に分け目部分が薄くなっていくでしょう。そして、最終的には頭皮全体のボリュームが無くなります。

このような全体的に広がる脱毛症をびまん性脱毛症と言います。

なぜつむじ部分だけが薄くなっているのか

なぜ、最初につむじ部分が薄くなったのかと言うと、つむじ部分はもともと地肌が見えており、髪の毛が薄くなった時にその地肌部分が大きくなり目立ったためです。

つまり、つむじ部分だけが薄くなったのではなく、全体的に薄くなっているがそれらはまだ表面化していないだけです。なので、薄毛が進行してくれば、これが全体へと広がっていきます。

ちなみに常に同じ分け目を作っている人の場合であれば、その分け目部分から薄くなる場合もあります。原理としては、つむじから薄くなる場合と同じです。

薄くなったと気づいたときにどうするかが大切

まずは自分が薄毛である自覚を持つ

つむじ部分が薄いと分かった時というのが最も重要な時期であり、ここでの対処法によって薄毛がさらに進行するか?それとも進行を抑えるか?が分かれます。

ここでまずやる事としては、自分の薄毛が進行しているという事実をしっかりと自覚する事です。このような辛い現実を認めるのは勇気がいる事ですが、これによって次の一歩に進めます。

逆にたまたま髪型が悪かったなどと自分で言い訳を作り、現実から目を背けてしまうと、あとあともっと恐ろしい事になってしまいます。なので、薄毛を自覚する勇気を持ちましょう。

原因を考え、その改善を試みる

そして、次になぜ自分の髪の毛が薄くなったのかを考えましょう。しっかりと薄毛の原因を追究し、その改善策を取らなければ薄毛はどんどん進行していきます。

もし、上で挙げられている原因に心当たりがあるなら、それらの対応策をすぐに取ってください。

例えば、不規則な生活をしているなら規則正しい生活をし、ストレスが溜まっているならストレスを発散させ、極端なダイエットをしているなら、すぐに中止して栄養をとるなどです。

他にも髪や頭皮に悪そうな事があるなら、それらを止めてください。一度原因をすべて取り除き、これ以上進行しないようにしましょう。

つむじが元通りになるには時間がかかる

薄毛になる原因を取り除いてやれば、進行はおさまります。

進行がおさまりさえすれば、毛乳頭や毛母細胞が再びしっかりと活動し、少しずつ髪の毛が生えてくるでしょう。

ただし、つむじが以前と同じくらいに戻るには非常に長い時間がかかります。一応目安としては早い人で3ヶ月、通常は半年~1年で、遅ければ3年ぐらいかかると考えてください。

あなたのつむじも1~2週間ほどで薄くなったのではなく、半年以上かけて少しずつ薄くなっていますから、逆に回復するのにもそれだけ時間がかかってしまいます。

しかし諦めないでください。女性のびまん性脱毛症は男性のAGAに比べると、はるかに完治しやすいので、しっかりと頭皮改善に取り組みましょう。

改善に向けてワンポイントアドバイス

これから長期にわたってつむじ部分を改善していくうえでやってはいけない事は、毎日(頻繁に)つむじの状態をチェックする事です。

やはりこの場所が薄いと自覚すると、どうしても気になってしまい頻繁にチェックしてしまうと思います。しかし、そんな事はあなたの気持ちを落胆させるだけであり、せっかく改善しようと言う気持ちが失せてしまいます。

まして、1日や2日又は1~2週間では劇的に改善する事はまずありません。ですから、そんな意味のなく、しかもやる気をなくすような事はやらなくてもいいです。

改善状況を確認したいなら、2週間に1回又は1ヶ月に1回この日と決めた日に同じ条件で写真を撮りましょう。そうする事で自分の改善状況を正確に判断でき、無駄な気落ちもなくなります。

薄毛の進行が進んでいるなら補助的に育毛剤を使おう

薄毛の進行具合が進んでいる人やなるべく早くつむじを回復させたいと言う人は自力での回復+αとして育毛剤を取り入れる事をお勧めします。また、薄毛の原因が女性ホルモンの分泌量低下である場合と極端なダイエットの場合も育毛剤を服用した方がいいと思います。

女性ホルモンの分泌量が低下するのは40代を超えた当たりですが、この年齢になってくると自力での回復が非常に困難です。だから、薬の力を補助的に使う必要があります。

また、極端なダイエットの場合には、脳が髪の毛に余計なエネルギーを供給しない状態となっていますが、ここから髪の毛にエネルギー供給しても生命活動に問題ないと判断するまではかなりの時間がかかります。

現状が非常に悪い場合には、髪の毛にエネルギー供給しなくてもいいとなる可能性もありますので、早急に対応しなければなりません。ですから、こちらの場合にも育毛剤を取り入れてください。

女性用育毛剤のほとんどが医薬部外品

さて、男性用の育毛剤は聞いた事があるけど、女性用の育毛剤なんてあるのかな?と思っている人も多いでしょう。

女性用の育毛剤はそのほとんどが医薬部外品であり、予防としてはある程度効果はありますが、実際に薄毛の症状があらわれてから効果が出るのかと言うとあまり効果はないでしょう。

そもそも医薬部外品とは治療を目的とした医薬品ではありません。一応効果のある成分が入っていますよと言う程度のものです。ですから、これらを使って改善させようと思ってもなかなか満足する結果にはなりません。

医薬品育毛剤であるパントガールを使う

では、女性用育毛剤で治療を目的として使われる医薬品はと言うと、それはパントガールです。

パントガールの画像

こちらのパントガールはドイツのMerz Pharmaceuticals GmbH社によって製造販売されている薬です。

ほとんどの人が聞いた事はないと思いますが、びまん性脱毛症の治療薬として医薬品の認可を受けており、たくさんの病院・クリニックで取り扱っています。

厚生労働省より正式に医薬品の認可を受けているという事は、その効果について様々な臨床試験で検証され、しっかりと改善するという事が証明されています。なので、育毛剤として考えているならこのパントガールを服用してください。

パントガールの効果・効能

パントガールには、

  • チアミン       :体内での代謝活動を促進させる働き
  • パントテン酸カルシウム:代謝には欠かせない成分
  • パラアミノ安息香酸  :細胞分裂を促す働き
  • L-システィン     :髪の毛を健康に保つ働き
  • ケラチン       :髪の毛の主成分

などの5つの有効成分が配合されています。

その中でも特に、チアミン、パントテン酸カルシウム、パラアミノ安息香酸の3つが頭皮内の代謝能力を高め、毛乳頭や毛母細胞の活動を活発化させます。

つむじが薄くなるのは、毛乳頭や毛母細胞の活動低下によるものなので、その活動を再び活性化させてやる事が重要です。パントガールを使う事によって、それらの活性状態をより高いものにし、髪の毛の成長速度を速める事ができます。

また、L-システィンやケラチンは髪の毛の主成分であり、これらのサポートによってツヤのある健康的な髪の毛になります。なので、髪の毛をただ増やすだけではなく、女性として魅力のある髪の毛を作りだす事ができます。

もっとパントガールについて知りたい人は、下に服用における改善実績や実際に購入した人の口コミを詳しく説明しているので、ご覧ください。

つむじを元通りにするにはかなりの時間がかかるので、長期戦のつもりで頑張りましょう。もちろん育毛剤は高い効果がありますが、自分の経済事情と完治するまでにかかる時間を考慮し、使うかどうかを判断してください。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  薄毛について  >>  つむじが薄いと悩む女性へ!!その原因と対策法とは

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安