女性がなりやすいびまん性脱毛症の原因と対策法

一昔前、薄毛と言えば男性が悩むものであり、女性にはあまり関係ないものでした。しかし、現在では薄毛に悩む女性が増え、その数は年々増えています。

そして、女性の薄毛は男性のAGAとは異なり、髪全体が薄くなるびまん性脱毛症が大半を占めます。このページでは、そんなびまん性脱毛症の原因や対策法を詳しく説明します。

びまん性脱毛症とは

びまんとはあたり一面に広がるという意味であり、びまん性脱毛症とは髪全体が薄くスカスカの状態となり、髪の毛のボリュームがなくってしまう脱毛症です。

びまん性脱毛症に悩む女性の画像

びまん性脱毛症は女性の脱毛症の半数以上を占めています。特に中年女性にその症状が現れる場合が多いですが、近年は若年層の方もこの脱毛症に苦しんでいます。

この脱毛症は、頭の広範囲に渡って緩やかに進行していく特徴があります。男性のAGAの場合は、おでこ周りの生え際部分や頭頂部等が局地的かつ急激に薄くなるので、脱毛の特徴としては全く異なります。

薄毛の進行が進んでくると抜け毛の量が非常に多くなり、ブラシや手櫛等で髪の毛を軽く引っ張るだけで簡単に抜けるようになります。

その前兆として

  • 以前より地肌が目立つ
  • 髪のボリュームがなくなり、ぺったんこになる
  • 髪の毛が細くなってくる

等の症状が現れる事が多いです。少しでも不安がある場合には、自分の髪の毛や頭皮の状態をよく観察し、上のような症状が現れていないかチェックしましょう。

薄毛に悩む女性は近年増え続けている

このページの冒頭でも書きましたが、薄毛に悩む女性は近年増えてきています。そして、それは日本人だけではありません。

アメリカやヨーロッパなどにおいても女性のびまん性脱毛症については深刻な問題となっています。

英語で脱毛はhair loss、薄毛はthinning hairと言いますが、それらの言葉とよく一緒に使われるいる言葉を調べてみると、下の表のようになりました。

順位 薄毛 脱毛症 hair loss thinning hair
1位 女性薄毛 脱毛 loss of hair thinning hair women
2位 薄毛女性 円形脱毛症 women hair loss hair loss
3位 薄毛治療 脱毛症原因 hair loss treatment thinning of hair
4位 薄毛対策 脱毛症治療 weight loss hair is thinning
5位 シャンプー薄毛 女性脱毛症 hair loss causes thinning hair men

このことから薄毛や脱毛症と言った言葉と一緒に女性と言う言葉が非常に多く検索されており、また、それは日本だけでなく世界においても同じだという事がわかります。

という事は、それだけ薄毛や脱毛症に関して検索する女性が多く、すなわち、大勢の女性が薄毛や脱毛症に悩んでいるという事です。

薄毛に悩む女性が増えてきた背景としては、社会構造や環境の変化によるストレスの増加などが考えられます。それについてはこちらに詳しく説明しているので良かったら参考にしてください。

びまん性脱毛症の原因とその対策

びまん性脱毛症の原因としては、

  • 女性ホルモンの減少・生理の乱れ
  • カラーリング・パーマー等によるダメージ
  • 過度のストレス
  • 過度なダイエット
  • 産後

などが考えられます。では、1つずつ見ていきましょう。

女性ホルモンの減少・生理の乱れ

びまん性脱毛症になる最大の原因がこの女性ホルモンの減少です。

なぜなら、この女性ホルモンの中にはエストロゲンと言う髪の毛を作り出したり、成長を助けたりするホルモンがあります。なので、単純にこのエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、髪の毛の成長が鈍化したり、抜け毛が多くなります。

女性が閉経後に髪の毛が多く抜けるのもこのためです。

同じく生理の周期が乱れてしまうと、正しく女性ホルモンが分泌できなくなってしまうため、脱毛症状がおこります。

ですから、女性の場合にはとにかく女性ホルモンをしっかり分泌させるというのが重要となってきます。

カラーリング・パーマー等によるダメージ

カラーリングやパーマーも脱毛症を進行させる原因となります。

これらに使われる薬剤は髪の毛の結合を切ったり、変形させたりするほど強力なもので、頭皮に付着すると頭皮がかぶれ炎症を起こしてしまいます。

このように頭皮がダメージを受けた状態では、外部から刺激(紫外線や細菌など)にも弱くなるので、ちょっとした事でダメージを受けそれが蓄積されてしまいます。そして、限界を超えてしまうと、髪の毛の脱毛へとつながります。

このような事にならないためには、

  • パーマやカラーリングは腕の良い美容師さんにやってもらう
  • パーマやカラーリング期間は2~3ヶ月以上空ける
  • 髪や頭皮に少しでも違和感がある場合はパーマやカラーリングしない

などをしっかりと心がけ頭皮のダメージを少しでも減らしてやりましょう。

過度のストレス

慢性的にたくさんのストレスを感じるようになると、常に血管が収縮されるため、血行不良に陥りやすくなります。すると、頭皮に十分な栄養を運ぶことができないので、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

過度なストレス状態が続いてしまうと

  • 睡眠障害
  • 食欲不振
  • 暴飲暴食
  • うつ病

などの症状が現れます。これらの症状はいずれも健康状態を損ねるものばかりであり、さらに女性の場合であればホルモンバランスの乱れにも繋がります。そうなると、脱毛が引き起こされる可能性が高くなります。

今の社会においてはストレスを感じないようにするのは不可能に近いので、自分にあったストレス発散方法を見つけるようにしましょう。そして、びまん性脱毛症の原因であるストレスを吹き飛ばしましょう。

過度なダイエット

多くの女性が必死になって取り組むダイエットですが、実はこのダイエットがびまん性脱毛症の原因の1つとなります。

びまん性脱毛症に悩む女性の画像

もちろんダイエットと言っても色々な種類がありますが、ここでは総じて食事制限のみのダイエットとします。食事制限のみのダイエットの1つに炭水化物ダイエットがあります。

これは炭水化物(ご飯やパンなど主食となるもの)の量を極端に減らす事で、摂取カロリーを落とすものですが、これを過度に行うと髪の毛はスカスカになり、抜け毛が非常に多くなります。

なぜなら、脳は限られたエネルギーの中で、生命活動に必要なものを優先させるために、それ以外の髪の毛などのエネルギー供給を大幅に減らすからです。

このダイエットによる脱毛の恐ろしいところはダイエットをやめて元の食生活に戻しても、すぐには髪に栄養が行き届かないと言うところです。脳は、いつエネルギーを絶たれるかが不安な状態では安易に優先順位の低い髪には栄養を送る事はしません。

最悪の場合には、髪の毛に栄養を送らなくても問題ないと脳が判断してしまうかもしれません。そうなると、髪の毛を成長させるためのエネルギーが永久的に得られなくなりますから、髪は徐々に抜け落ちて最後には見るも無残な薄毛の状態となってしまいます。

このような事態にならないためにも、特に食事を大幅に減らすようなダイエットはやらないようにしましょう。

産後

産後はホルモンバランスが崩れてしまうため、脱毛がおこりやすくなります。

ただ、この場合の脱毛は一過性ものがほとんどで、時間が経ちホルモンバランスが元に戻ると脱毛も収まります。なので、この場合に関しては、気にせずに体調管理だけを意識してください。

びまん性脱毛症は治るのか?

女性の脱毛症は、男性のAGAによる脱毛と比べると完治しやすいです。

なぜなら、女性にとっての髪の毛とは美しさを決めるものであり、髪の優劣がすなわち女性としての優劣を決めるほどの重要な要因となるからです。

これは歴史的観点から見ても明らかであり、優秀な遺伝子を残すために髪の毛を美しくしなければなりません。そのため、女性には髪の毛が美しく生えるような遺伝子(女性ホルモン等)が組み込まれています。

という事は、びまん性脱毛の原因さえ取り除ければ、女性ホルモンの力で髪の毛が生えてくるようになります。その原因がホルモンバランスの乱れなら、まずは、女性ホルモンがしっかりと分泌されるようなコンディションに持っていきましょう。

ただし、びまん性脱毛症の完治にかかる時間は現在の進行具合に左右され、また、髪の毛のサイクルの関係上早くても半年~1年、遅い場合には3年以上かかります。

ですから、焦らずにしっかりと原因を取り除き、髪の毛の成長を気長に待ちましょう。

長期間待てないならパントガール

びまん性脱毛症については原因を取り除き、女性ホルモンが正しく分泌できるようになればほぼ完治できると説明しましたが、女性にとって髪は命ですから1年~3年も待てないと言うのが心情だと思います。

そのような方に是非お勧めしたいのがパントガールと言うびまん性脱毛症専用の育毛剤です。

髪の主成分であるケラチンやL-システインが配合されているため、服用することで脱毛症を抑え、髪の毛の成長も促します。よほど重度の症状でない限り、約3ヶ月程度で効果が表れます。

パントガールによる改善結果はすでに臨床試験で証明されており、服用した人の7割がびまん性脱毛症が改善され、また、脱毛本数も投与前の140本から50本にまで減少しております。

このパントガールはドイツのMerz Pharmaceuticals GmbH社によって開発され、現在では日本も含め世界中で使用されています。もし、病院などでびまん性脱毛症の治療薬として処方されたのであればまず間違いなくパントガールです。

と言うのも実はびまん性脱毛症のための育毛剤はこのパントガールだけだからです。

このパントガールと言う名前を初めて聞く方は驚かれると思いますが、この育毛剤は非常に多くの女性が服用しています。なぜそんな事がわかるのかと言うと、通販サイトにある口コミの量が非常に多いからです。

パントガールはネット通販で購入しよう

実際に大勢の方が病院ではなく、ネット通販でパントガールを購入しています。実は病院で処方してもらうとなると、1箱15,000円程度かかりますが、ネット通販で取り寄せるとその半分以下の7000円で購入する事ができます。

これだけ価格の差があれば、自分でネット通販を使って海外から取り寄せる方が多くて当然と言えば当然です。海外から購入すると言っても海外医療品通販の老舗であるオオサカ堂を使えばアマゾンや楽天と同じように安全で手軽に購入する事ができるので当サイトからもお勧めします。

もし、海外通販は初めてでオオサカ堂と言う会社がどんなものか知りたい方はこちらのページに詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてください。

オオサカ堂は医薬品のネット通販会社(個人輸入代行業者)としてはすでに知名度は高いので、知っているという方はこちらからパントガールをご購入してください。パントガールを使う事で脱毛症状が驚くほど改善します。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  薄毛について  >>  女性がなりやすいびまん性脱毛症について

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安