薄毛にならないためのシャンプーの選び方

シャンプーは毎日使うものなので、自分に合わないシャンプーを使うと、頭皮トラブルが起きたり、薄毛になってしまいます。しかし、シャンプー選びというのは非常に難しく、なかなか自分に最適なものを見つけることができません。

このページでは、シャンプーを選ぶときの簡単なポイントを説明するので、是非参考にしてください。

他人のおすすめシャンプーを盲信しない

自分の頭皮に合ったシャンプー探しに行き詰った時に、参考にするのは、他人の意見・感想・口コミだと思います。

今では、ネット上で簡単に購入者の感想等を見ることができるので、買う前にそのシャンプーに関する情報が入ってきます。

なので、数あるシャンプーの内、評判の良いものだけを狙い打って試せばよいのですが、注意して頂きたいのは、その評価はあくまでのその人の評価であって、それがあなたにも当てはまるかどうかはわからないという事です。

実際に使ってみて、自分に合っているなら、それはそれで問題ありません。しかし、頭皮に赤みかゆみなどが現れた場合は勿論、何か違和感のようなものが続くなら、スパッと次に切り替えるようにしましょう。

こんなこと当り前と思われがちですが「口コミや評判が良いから、とりあえずこのシャンプーを使い続ける」という考えの方の人(特に女性)が意外に多いです。

他人の評価や感想はあくまで参考程度である事を十分に理解しておきましょう。

シャンプー解析サイトでシャンプーを選ばない

また、シャンプー選びの時に少し考えてしまうのが、シャンプー解析サイトでお勧めされているシャンプーが本当に良いシャンプーなのかという事です。

シャンプー解析サイトとは、あらゆるシャンプーをその成分を元に評価しているサイトの事です。特に有名なのが、シャンプー解析ドットコムです。

このサイトは、解析されているシャンプーの数も非常に多く、また成分についても詳しく説明しています。しかし、このサイトの核である解析の根拠が、シャンプーに含まれる成分だけを判断材料にしており、その他のものは加味されていません。

良い成分がたくさん使われているから、これは良いシャンプーだと評価していますが、それは少しお粗末です。

例えば、素人が体に良いとされる物や高級食材だけを使用した料理の方が、プロの料理人が素朴な食材だけを使った料理よりも、料理の味も栄養バランスも良いかと言われると、そんな事はありません。

味においては調理する技術がものをいい、栄養バランスでは、知識が必要となってきます。良い素材だけを使っても、その良さが打ち消される調理法では意味がなく、また、最終的に作られる料理そのものが不味いものでは話になりません。

勿論シャンプーも同じで、完成体であるシャンプーが頭皮や髪に対してどのような役割を果たすかというのがシャンプーの評価を決めます。なので、それらの成分がどのような割合で配合されているか、また、どのような方法で配合されているかが非常に重要です。

ですから、これらが抜けている解析では本当のシャンプーの良さを知ることはできないので、これで良いと判断されているお勧めシャンプーを選ぶのはやめた方がいいでしょう。

シャンプー解析ドットコムの上手な利用の仕方

上でシャンプー解析ドットコムについて厳しく書きましたが、このサイトほどシャンプー成分について詳しく書かれているサイトは他になく、この成分に関するものは素晴らしいと思います。

なので、その詳しいシャンプー成分を活用させていただきましょう

シャンプーを使った際に頭皮が赤くなったり、かゆみが出てくる等の症状が出てきたなどの経験はありませんか?それらの症状が出た場合には、そのシャンプーに入っている成分に対してアレルギー反応が起きている可能性があります。

そのような場合には、そのシャンプーの成分を解析サイトで調べる事でどのようなものかわかります。また、アレルギーが発生するシャンプーが複数あった場合には、それらの共通の成分を調べることで、自分のアレルギーを知ることができます。

このようにシャンプー解析サイトをうまく利用し、自身のシャンプー選びに役立てましょう。

自分の頭皮にあったものを選ぼう

上でも説明しましたが、シャンプーは自分の頭皮に合ったものを選んでやらなければなりません。

オイリー頭皮の場合

オイリー頭皮の場合なら、少し刺激の強いスカッとするタイプのシャンプーや、皮脂を落としやすいタイプのシャンプーを選んでやりましょう。

刺激が強すぎるものや汚れを落とす力の強い(洗浄力が強い)タイプのシャンプーは頭皮トラブルを起こしやすいですが、オイリー頭皮の方なら、それほど気にする必要はないでしょう。

普通に市販されているシャンプーで香りや髪の質感等が自分に合う物を選んでやれば良いと思います。

ただし、刺激の強いシャンプーを使用する事によって、皮脂が必要以上にとられ、それを補うために皮脂を必要以上に出す場合もあります。そのような人は頭皮が赤くなったり、かゆくなる場合があるので、その場合は、低刺激シャンプーに変えましょう。

ドライ頭皮の場合

ドライ頭皮の場合は、頭皮がかなり敏感なので、低刺激でなるべく保湿力の高いシャンプーを選びましょう。もともと乾燥している頭皮に、刺激の強いシャンプーや洗浄力の強いシャンプーを選んでしまうと、頭皮トラブルが悪化してしまいます。

なので、できれば一般に市販されている高級アルコール系シャンプーよりも低刺激で頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを選びましょう。アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分としてアミノ酸が使われおり、頭皮に優しいシャンプーとして、人気があります。

ただし、洗浄力が弱いため、慣れるまでは、しっかりと髪の毛を洗えてないと感じてしまいます。また、価格は市販のシャンプーに比べて3倍~5倍程度と高いものが多いです。

アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、購入を検討してみてください。

薄毛にならないための正しいシャンプー方法を理解しよう

使うシャンプー剤も重要ですが、それ以上に重要なのが、シャンプーのやり方です。シャンプーのやり方で注意したいのは、

  • 乱暴に擦らない
  • タオルドライをしっかりとする
  • ドライヤーの時間を短くする

の3つです。これらの事を守ってしっかりとシャンプーをしましょう。こちらにシャンプーのやり方を詳しく説明しているので、もしよかったら読んでみてください。

また、正しいドライヤーの方法についても載せておきます。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  シャンプーについて知る  >>  自分の頭皮にあったシャンプーを選ぼう

シャンプーに関するその他のコンテンツ

シャンプーに関して、もしよかったらこちらのページも読んでみてください。

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安