頭皮ニキビが痛い!!その痛みを抑えるためには

頭皮ニキビができてしまうと患部に触れるだけで強い痛みを感じるため、髪型を整えるのも臆病になります。このページでは、そんな頭皮ニキビの痛みを抑えるためのポイントと頭皮ニキビの治療について説明します。

頭皮ニキビに悩んでいる方や早く治したい方は参考にしてください。

頭皮ニキビができるとなぜ痛いのか

頭皮ニキビができる過程

頭皮ニキビの原因は、アクネ菌の異常繁殖です。これは、頬っぺたやおでこにできるニキビと変わりません。

頭皮にある毛穴が角質や汚れによって塞がってしまうと、本来なら皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴の中に溜まります。そして、毛穴の中はアクネ菌の繁殖に最適な酸素が少なく、皮脂が多い状態となります。

当然アクネ菌はどんどん繁殖し、その数を増やしていきます。アクネ菌は皮脂を毒性のある遊離脂肪酸(膿)に分解するので、数が増えるとそれに伴って毛穴に溜まる遊離脂肪酸の量も増えます。

すると、毛穴の中で炎症が起こり、ニキビが作られます。

なぜ痛みが発生するのか

アクネ菌は皮脂を毒性のある遊離脂肪酸へと分解するため、その毒によって毛穴の中にある正常な細胞が破壊されます。

しかし、我々の体は破壊された細胞をそのまま放置するわけではなく、細胞を修復したり、新しい細胞を増殖したりします。この過程において患部が

  • 赤くなる
  • 腫れあがる
  • 脳が痛み伝える物質を常に放出する

などのようになり、これらの反応を炎症と言います。

つまり、頭皮ニキビによって炎症が起きていると、痛いと感じる脳内物質(内因性発痛物質)が出続けるため、我々は痛みを感じるようになります。

また、その状態では外部からの刺激に対して過敏に反応するため、患部に少し手が触れただけでも、ものすごく痛いと感じます。

これが頭皮ニキビによって痛みが発生する原理です。

頭皮ニキビによる痛みを抑えるために

では次に頭皮ニキビによる痛みを抑えるにはどうすればよいのか説明します。

シャンプー時の刺激を抑える

シャンプーは髪の毛や頭皮を洗うのが目的なので、どうしても頭皮にシャンプー剤を付けたり手で擦らなければなりません。

まず、シャンプー剤についてですが、特に気を付けていない方は薬局やスーパーなどで市販されているシャンプーを使っているでしょう。これらのシャンプー剤のほとんどは汚れや皮脂が取れやすい高級アルコールシャンプーです。

しかし、汚れの取れやすいシャンプーと言うのは、逆に言えば刺激の強いシャンプーでもあります。

なので、それらのシャンプー剤を使ってシャンプーすると、頭皮ニキビに対しても強い刺激を与えてしまうので強い痛みを感じるようになります。

もし、シャンプー時の痛みを少しでも抑えたいならば、刺激の弱いタイプのシャンプーを使ってください。

ワックスなどの整髪剤をつけない

ワックスなどの整髪剤は脂性のものが多く、つけ方が悪い場合には頭皮が油まみれになります。この脂によってニキビ部分がさらに刺激されてしまうため、痛みが強くなります。

また、それら整髪剤をシャンプーでしっかりと落とさなければ、たくさんの毛穴が塞がれてしまい、さらにニキビができてしまいます。

お洒落を楽しみたい気持ちはわかりますが、頭皮にニキビができている間は整髪料などは控えた方が良いです。

カラーリングやパーマはしない

カラーリングやパーマに使用される薬剤は、髪の毛のシスティン結合を切ったり、捻じ曲げたりするほど強い力を持っています。

また、それらの薬剤はアレルギー症状を引き起こす化学物質も含まれているので、正常な状態でも頭皮にダメージを与える事があります。

なので、頭皮ニキビができている状態すなわち頭皮が少し弱った状態で、カラーリングやパーマをすると炎症が起こりやすくなったり、痛みを感じやすくなります。

もちろんニキビができているところにそれら薬剤が付着すると、激痛が走ります。ですから、少なくとも頭皮ニキビが治るまではカラーリングやパーマは控えるようにしましょう。

頭皮マッサージを控える

頭皮マッサージは頭皮の血行を良くしたり、ストレスを発散したりするためには良い事ですが、頭皮ニキビができている場合には注意が必要です。

なぜなら、頭皮マッサージは頭皮全体をもみほぐすので、知らず知らずのうちにニキビを潰してしまう恐れがあるからです。頭部をマッサージするので直接目で見る事が出来ず、誤ってニキビを潰してしまうという事はよくあります。

また、ニキビを潰さなかった場合でもマッサージによる刺激で痛みが出やすくなります。

頭皮にニキビができている間はなるべく頭皮マッサージはやらないようにしましょう。

ニキビを早く治したいならアクネ菌を直接殺す

頭皮ニキビによる痛みをなくすには頭皮ニキビを治す必要がありますが、ほとんどの人が放置して自然治癒に任せていると思います。

それで早く治る人もいますが、中にはなかなか治らずに辛い思いをしている人もいます。

と言うのも、自然治癒の場合には破壊された細胞も修復されていますが、原因を作っているアクネ菌も増殖を続けているので、ほとんどいたちごっこの状態になっています。

お勧めしたい頭皮ニキビ専用のルプアクア

なので、頭皮ニキビを早く治すには原因を作っているアクネ菌を直接攻撃してやり、アクネ菌によって作られる遊離脂肪酸を減らしてやらなければいけません。

そこでお勧めしたいのが直接アクネ菌を殺し、頭皮ニキビを治療する事ができるルプアクアと言うニキビケアローションです。

このルプアクアはアクネ菌に対して殺菌作用を持つ

  • イソプロピルメチルフェノール
  • アラントニン

の2つの有効成分を含んでいます。

そして、この2つの有効成分を毛穴の中にいるアクネ菌に直接作用させるために、分子をナノサイズ化させています。このナノサイズ化によって肌への浸透力が大幅に改善され、アクネ菌のいるところまで有効成分を届かせることができます。

さらに、ルプアクア最大の特徴は肌に優しい成分のみを使用している事です。敏感な赤ちゃん肌でも使えるような成分構成にしているので、敏感肌の人にも安心です。

実際、頭皮というのは非常にデリケートな場所であり、刺激の強い成分が混入されていると炎症を起こしたり、ひどい場合には脱毛症へとつながる恐れもあります。なので、そうならないためにも頭皮部分に使う成分はしっかりと配慮しなければいけません。

ルプアクアの場合は肌に優しい成分だけで構成されているので、そういった心配をする必要もなく安心です。もし、頭皮ニキビに悩んでいるなら1度使ってみる事をお勧めします。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  頭皮について知る  >>  頭皮ニキビで痛いと感じる前に知っておきたい事

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安