髪の毛の痛みの原因と改善方法

髪の毛が痛んでいると感じる人は多いと思いますが、では、そもそも髪の毛が痛むってどういう事なのか?って聞かれると意外と答えられない人が多いと思います。ここでは、そんな髪の毛の痛みやその原因、改善方法(ケアの仕方)について説明します。

髪の毛が痛むとは

髪の毛が痛むとは、どういう事かと言うと髪の毛が傷ついた状態の事を言います。いきなり「髪の毛が傷ついた状態」と言われてもよくわからないと思いますので、ここで、髪の毛の構造について見てみます。

髪の毛の構造を示すイラスト

まず、髪の毛は、3つの層から出来ています。

一番外側にあるのは、髪内部にある水分の蒸発を防いだり、紫外線などから髪を守ってくれるキューティクルで、魚のうろこのような形をしています。

真ん中の層は、メラニン色素を含む細いタンパク質の集合体で、コルティックスといいます。コルティックスは髪の毛の90%以上を占め、髪の毛の性質を決めます。

一番内側にある層は、メディアといい、髪によっては無いものもあります。

さて、この一番外側にあるキューティクルがめくれたり、剥がれ落ちたりすると、髪内部の水分が蒸発し、タンパク質が流出してしまいます。そして、髪のタンパク質がほとんどなくなり、スカスカになった状態の事を髪が痛んでいると言います。

髪が痛んだ状態では、髪の毛がぱさついたり、きしみが出て、髪の毛がごわつきます。

そして、さらに痛みが進行すると、枝毛が出てきたり、ゴムのように伸び縮みして、髪の毛が簡単に切れるような状態になります。最悪の場合には、びまん性脱毛症にまで発展する場合があるので、十分注意してください。

髪の毛が痛む原因は

では、なぜ髪の毛が痛む(キューティクルが剥がれる)のでしょうか?

髪が痛む原因としては、

  • シャンプーのやり方が悪い
  • ドライヤーの時間が長い
  • カラーリングやパーマ
  • 紫外線
  • コテやヘアアイロン

などがあります。

シャンプーのやり方が悪い

シャンプー中又は、タオルドライにおいて、髪の毛を力いっぱい擦ったりしていませんか?

シャンプーしたり、タオルドライをしている時は当然髪の毛が濡れています。実は、髪の毛が濡れると、キューティクルが膨れ上がってしまうので、強く擦ってしまうだけで、簡単に剥がれて、痛んでしまいます。

なので、シャンプーする時やタオルドライをする時は、優しく丁寧にしてあげてください。

ドライヤーの時間が長い

また、キューティクルは、熱に弱い性質を持つので、長時間のドライヤーは厳禁です。

なるべくドライヤーを短時間にするように心がけましょう。

基本的には、髪の長さがミディアムぐらいまでの人なら5分、ロングの人は10分を目安にしましょう。そのために、しっかりと丁寧にタオルドライで髪の水分を取り除いてやりましょう。

そして、ドライヤーは、頭から15cm位離すようにしましょう。

また、ドライヤーを使わずに自然乾燥をする人がいますが、これは絶対にやめてください。

上でも言いましたが、髪の毛が濡れていると、キューティクルは開いた状態になっています。すると、髪内部のタンパク質がどんどん外に流れてしまうので、髪の毛が簡単に痛んでしまいます。

さらに、その状態で寝てしまうと、枕と髪との摩擦で、キューティクルがボロボロになってしまい、髪の毛の痛みがひどくなるので、注意が必要です。

以下の事をしっかりと守って、髪の毛を痛めないようにしましょう。

  • ドライヤーは短時間で素早く
  • ドライヤーと頭との距離は15cm以上
  • 自然乾燥に任せず、ドライヤーを使って乾かす

また、ドライヤーのやり方について、こちらのページに詳しく説明しているので、興味があれば読んでみてください。

カラーリングやパーマ

髪を痛める代表的なものがこのカラーリングとパーマです。

まず、カラーリングについて説明します。

カラーリングにおいて長時間色落ちしないようにするには、キューティクルを無理やり開かせてから、髪の内部のコルティックスにあるメラニン色素を脱色して、着色を行います。

すなわち髪の外側にあるキューティクルが剥がれるのはもちろんのこと、髪内部にまでダメージを負ってしまうので、髪の毛はかなり痛んでしまいます。

次はパーマについて説明します。

パーマの場合、キューティクルを無理やり開かせてから、コルティックスよりさらに内部にあるシスチン結合を一度切ってしまい、それから作りたい形状に再結合します。

カラーリングの場合と同様、キューティクルは剥がれ、髪内部においても相当のダメージを負ってしまうので、当然髪は痛みます。

パーマやカラーリングをする際には、以下の事に注意して、髪の痛みを少なくしてあげましょう。

  • 必ず美容院等プロにやってもらう
  • 髪の毛が痛んでいるときはやらない
  • 短期間に何回もやらない

コテやヘアアイロン

髪型を整えるために使うコテやヘアアイロンも髪の毛を痛める原因の1つです。

ドライヤーの所でも説明しましたが、キューティクルは熱に弱い性質をもちます。当然、高温で長い時間あててしまうと、髪の毛を痛めてしまいます。

自分の髪をセットできる最低温度を見つけて、髪に熱を加える時間をなるべく減らしてあげましょう。また、なるべく日にちをあけてやるようにしましょう。

紫外線

髪が健康な状態であれば、紫外線を短時間浴びる程度ならあまり気にする必要はありません。日本人は、髪の毛が黒色であるため、紫外線を吸収してくれるメラニン色素がたくさんあります。

しかし、髪の毛が痛んでいた場合、髪の毛を守るキューティクルが剥がれ落ちていたり、内部のメラニン色素が減少しているので、紫外線からのダメージが大きくなります。

また、長時間紫外線を浴び続けていた場合、そのダメージが蓄積されて、髪が痛んでしまうので注意しなければなりません。

長時間外に出てる場合には、日傘及び帽子を使用し、紫外線予防を心がけましょう。

髪の痛みの改善(ケア)について

非常に残念ですが、髪の痛みを完全に改善する方法はありません。髪の毛というのは、死んだ細胞でできているために、自分で回復や再生をすることができません。

ですが、髪の毛の痛みをこれ以上進行させないようにすることはできます。まずは、それらをしっかりして、髪の痛みを抑えるようにしましょう。

現状において、上で説明した髪の痛みの原因となる事をされている場合は、そこに載せている注意点をしっかり守り、傷みをケアしてやりましょう。

トリートメントを使う

また、髪の毛に栄養与えるためにトリートメントを使うことを強くお薦めします。

トリートメントというのは、髪の毛の内部に直接成分を浸透させて、栄養を与えることができます。ちなみに、シャンプー後にして洗い流すタイプと、ドライヤーをする前にやる洗い流さないタイプの2種類がありますが、どちらを使っても構いません。

洗い流すタイプのトリートメントは、週に1~2回程度、洗い流さないタイプのトリートメントは毎日やるのが、理想的です。勿論、流すタイプと流さないタイプは両方やっても構わないです。

しっかりと、トリートメントを行い、髪の痛みをこれ以上ひどくしないように頑張りましょう。

一応ですが、トリートメント(洗い流すタイプ)とリンスとコンディショナーの違いがわからない方のために、下のリンク先に詳しく説明しているので、見ておいてください。

TOP
に戻る

薄毛危険度診断所  >>  髪の痛み(傷み)の原因とその改善方法

あなたの髪大丈夫ですか?

頭皮にトラブルがある場合には、そのダメージから脱毛しやすくなります。もし、その傾向が出ていたり、不安がある人は、当サイトの薄毛危険度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

当サイトの薄毛診断は、合計26個の質問から、薄毛進行状況、頭皮、生活習慣、ストレス、遺伝の5つの状態をチェックします。

そして、その5つの状態から、最終的な薄毛危険度を1~100で表します。

また、危険度が高い場合には、その原因を説明し、簡単な対策法をアドバイスします。ぜひやってみてください。

薄毛危険度の診断結果の写真

薄毛、ハゲ診断

薄毛危険度診断のイメージ図

AGA治療・薄毛治療
お勧め病院ランキング

AGA治療実績NO.1で人気も高い
東京・大阪・愛知・福岡の4院

全国に45院以上展開で高い治療実績
地方でAGA治療するならココ!

評判もよく治療効果も高い
都内限定だが育毛メソセラピーが格安